« 人権委員会設置法に断固反対 | トップページ | とちぎ産直市開催で風評被害を吹き飛ばす! »

感謝の追悼と覚悟

感謝の追悼と覚悟

本日は霞関会(外務省関係者の会)で今年度の物故会員追悼会を開いていただきました。外務省本省で物々しく開催され、遺族として父への献花をして参りました。本会に元外交官や大使経験者の中に入れて頂いた父を誇りに思います。

遺影を見ていると「政治指導でもっと強い日本外交をしなきゃならん!」と親父が言っているようにも思いました。
私もこの事を肝に命じ、今の情勢を思考しつつ、筋を通し慈悲と正義感のある強い日本へ立ち返ることを願っています。

明日の大きな転換期を迎えるに当たり、私の決断をしなくてはならん時と考えております。

|

« 人権委員会設置法に断固反対 | トップページ | とちぎ産直市開催で風評被害を吹き飛ばす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人権委員会設置法に断固反対 | トップページ | とちぎ産直市開催で風評被害を吹き飛ばす! »